看護師の私が絵を描きながら話した童話について

看護師の私には可愛い姪っ子が一人います。
先日、姪っ子の世話をまかされ二人で遊びました。
わら半紙に絵を描きながら、お話を作る遊びをしましたよ。
即興で作る紙芝居みたいなものです。

看護師の私は空を飛んでいるウサギの絵を描きました。
そしてこんな話にしましたよ。

『あるところに空を飛べるウサギがいました。
どうやって飛ぶのかって?
耳を一生懸命にパタパタと動かすと飛ぶことが出来るのです。
空を飛べるウサギはどこにでも行く事が出来たの。

ある日ウサギは空を飛んで月まで行く事にしました。
あんなところひとっ飛びさ!
ウサギは近くに見える月を甘く見ていたのです。
ウサギが月にたどり着いたのはその1年後でした。
死に物狂いでたどり着いた月には何の食べ物もありません。
仕方なくウサギは餅をついて食べることにしたのです。

そしてウサギは地球に帰る事を諦めました。
1年も飛び続けて帰りたくないと思ったのです。

空を見上げてごらん。
まだウサギが月にいるのが分かるでしょう?』

そして看護師の私はウサギが月で餅つきをしている絵を描きました。

姪っ子は夢中で私の話を聞いてくれていました。
あまりにも真剣だったので危うく可愛過ぎて抱き締めてしまうところでしたよ(笑)
看護師の私も大満足でした。
さてリラックスしたところで看護師転職エージェントでもチェックしようかな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です